日本車のデザインがダサくなっている

車を買い替えようと思って調べていくと、すごく残念なことが1つあります。

よっぽど高い車以外、日本車のデザインが全体にダサいのです。
国内メーカーが作っている車を買えば、それは日本人の誰かの親父さんたちが作っているわけで、外車と迷ったら日本車を買ったほうが、日本経済のためになるんじゃないか。
そういう思いもあって日本車を買いたい、という思いはあるんですが。どこの会社の車も似たようなデザインで、どうにも「この車がいい!」と思わせてくれる車に出会えないのです。

これにはメーカーの考えも影響してるんでしょう。一枚の鋼板を変形させて簡単に効率よく作れる形で、燃費を良くするために空気抵抗を抑え、更に他社とのパーツ共用もできるようなデザインで…などと考えると、どうしても似たり寄ったりで無難な形になってしまうんでしょうね。形で差別化を計れないから、代わりに色で工夫しよう、という苦肉の策も見受けられます。
安全に走る移動の道具であってくれれば、形はダサくても構わない。何ならデザインに工夫するくらいならその分安くしてほしい…という人も中には居るんでしょう。

でも、人が商品を選ぶポイントはそういう無機質な感覚だけでは無いと思うのです。
この形がカッコいい、こういう物を持ちたい、みんなに自慢できる物を持ちたい…そういう感情も大事なんじゃないかと思います。

歴史に学べば、そういう感情が三種の神器、3Cと購買意欲を掻き立て、高度経済成長を生みました。
現代の経済の活気の無さは、持ち主の気持ちやモチベーションを無視して経済性や効率を優先する無感動な市場倫理によるところも大きいと思うのです。

車のデザインについてもこれは言えることで、やっぱりカッコいい車がドンドン出てきて皆が買いたい、乗りたいと思ってくれたほうが良いと思うんですよ。僕もそういうカッコいい車に乗りたいですよ。
自動車は日本の基幹産業ですから、カッコいい車が増えて日本車が売れれば日本全体も元気になります!みんなハッピーです!

いつか、カッコいい車だらけになってどれを買おうか迷える日が来て欲しいですね。

おすすめサイトはこちらです→http://xn--fhq14lizjf8xm9z9uc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です