ワイパーブレードはご自身で交換しよう

クルマの日常点検はご自身でどこまで行っているでしょうか。点検時期が来たならばディーラーから案内があるので、交換部品は言われるがままにお任せでしょうか。自動車教習所でも最低の日常点検は習います。バッテリー液、不凍液、ベルトの緩み、エンジンオイル量のチェックの仕方等々。最近の車はエンジンルームも複雑でぱっと見ただけで点検できる項目も少なくなってきていることも事実ですので分厚い取り扱い説明書読むのも考え物です。しかし日常点検は公道を走らせる乗り物である以上、運転者の点検責任でもあるのです。沢山ある点検項目や交換部品オイル類の交換作業は流石に自宅では難しい、でも簡単な部品交換なら自分でもできる部品はあります。そんな中、注目するのはワイパーブレードです。カーショップ店にいくとバッテリーやタイヤの他沢山の商品が並んでいますが、交換となるとサービスにお願いするという流れになります。しかしワイパーブレードは自分で交換することができれば随分安上がりなのです。商品の化粧箱や陳列棚に適合する車種が丁寧に記載されていますので、愛車の年式と車種だけ判れば迷わず簡単に購入できます。そしてワイパーブレードそのものを購入するのではなく、ゴムそのものを購入するという方法があります。一見作業が難しく思うかもしれませんが、一度ご自身で交換作業を行ってみてください。手順さえ覚えてしまえば、こんな簡単な作業で手数料払っていたんだと納得する筈です。交換が楽しくなりますよ。私の地元石川県では毎年春になると花見が盛んにおこなわれます。石川県にドライブなどいかがでしょうか。車買取石川県で探してみると石川県の車買取情報がわかります!

自動車のコーティングとお手入れ

新車を購入検討していたときにディーラーからコーティングを薦められました。コーティングにもいろいろな種類の商品があって値段も違います。素人から見ても金額の高いコーティングの方が長期間効き目があるだろうと想像はできます。ワックス掛けは手間もかかるし汚れが落ちやすいのならばとの思いで一番安いものを選択しました。高価なお金を支払っても効果が無いのなら残念ですし、「新車を買えばワックスも普段から掛けたくなるもの」という軽い気持ちもあったのです。購入して数ヶ月はボディーの手入れなんてしなくても水で流して自然乾燥。これでいつもピカピカ状態なので、コーティング凄いの一言でした。さて1年も経過するとボディーの水滴も無くなり汚れは確かに落ちやすいと言われればそうかなというレベル「高価なコーティングにしておけばもっと長持ちしたのに」と残念に思いました。後からディーラーの方に良く効いてみて知ることになるのですが、コーティングは撥水を保障するものではなく、あくまでボディーの艶を保障するものだそうです。値段の高いコーティングには保障がついていて、しかも1年毎に艶を保つためのボディー磨きをしてくれるものです。なるほど、人件費も加算されていのであれば納得できます。掃除が苦手、億劫な方には高価なコーティングを選択するのも最適な方法かもしれません。そういえば、僕は岐阜県に住んでいるのですが、今後買取を考える時に参考のサイトがありました。車買取岐阜で検索すると高値で売る秘訣がわかりますね。