FIAT500に出会い、車の楽しさを感じました。

アニメのルパン三世が乗ってる車、お洒落だな~と思っていました。車を走らせているうち、ルパンの車に会うと「あ!ルパンの車だ、小さいけどいいなぁ、何て言う車なんだろ?」とスポーツカーしか興味のない自分は、出くわしたその時には強い思いがあるのですが、家に着く頃には忘れていました。とある日、調布近くのアルファロメオのお店でルパンの車を見かけ、「お洒落だな~、一度は乗ってみたいなぁ」と強い気持ちが再び。家に帰って調べてみると、アルファロメオではなくイタリアのFIAT社の車であることが判明。フォルクスワーゲンビートル、ポルシェ911のように基本デザインを昔から斬新に変えていない点が、昔のルパン三世を見ても現在売っているFIAT500だと分かることを強調しています。ホームページ上で内装を見ると、惚れましたね。国産のリッターカーには真似のできない、お洒落感。これは毎日運転していても飽きの来ないデザインだとイタリアメーカーのセンスの良さに魅かれ、休日に早速、試乗に出かけました。そこで次なる衝撃が!エンジン音です。現行の国産の車では醸し出せない、いかにも、これが車だというエンジン音。昔の国産の車、初代フェアレディZの音に良く似ていたのですが、エンジン音でレトロ感が得られるなど今までクラッシックカーでしか感じなかったのですが、音を聞いているだけでこんなに楽しいなんて!と新鮮な発見をした気分でした。1200ccで200万円台とは国産に比べると少し高めの車ですが、かかっているのか分からない国産のエンジン車に比べると本当に楽しい車とはこういう車なんじゃないかと思いました。いつかセカンドカーとしてFIAT500を所有して、車を運転するって楽しい、そんな気分に浸りたいという夢ができました。また、新しい車が欲しくなるのですが、その際は今の車を手放さなければなりませんね。車買取沼津とか参考になるサイトですので、沼津界隈で車を売りたい方は参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です