焦っていて車をぶつけた話

いちどだけ車を自損事故で壊してしまったことがあるのですが、
その時はとても友人との待ち合わせがありとても焦っていて、しかも忘れ物をしていたので急いで家に引き返そうとしていました。
なんとか早く帰れるようにと思い、細い路地ですがそこに一度バックで入り、急いでハンドルを切ったその時……
車の斜め後ろにあったガードレールに全く気が付かず、すごい音と少しの衝撃が運転席に伝わってきました。
幸い、ガードレールは多少傷ついていただけでへこみなどもなく一安心かなと思ったのですが、
自分の車のテールランプ部分を見てみると、カバーがバラバラに割れていて、ランプも点かなくなっていました。
その時点で、さーっと血の気が引いていくような感覚がしたのですが、そのお陰かなんとなく頭もすっきりしてきて、
その後の予定はすべてキャンセルしてすぐにカーディーラーに車を持ち込みました。
テールランプのカバーは在庫がないということで取り寄せとなり、その間は透明なテープをテールランプのカバー部分に貼って運転をするというとても恥ずかしい目にあいました。
あの一件以来、運転だけは焦っていても丁寧にしていこうと考えるきっかけになり、いまではとてもいい経験になったと考えています。静岡は僕の地元ですが、車の買取を考える際に参考になるサイトがありましたので、紹介しておきますね。車買取静岡市で探すと結構みつかりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です